アイツと差がつくiPhone7ケース

iPhone7ケースには、さまざまな製品が存在しますが、たくさんの種類があるからこそ、より安く、より良い製品を見つけて上手に使うのも良いものですが、どうせ使用するなら、個性的なデザインを楽しんだり、より質が高い製品を使いたいものです。iPhoneには、ケースガイドラインというものが定められており、厳しい誤差範囲が指定され、ぴったりとしたサイズであることはもちろん、あらゆる角度から一定の高さから落下しても中のデバイスが守られる事や、液晶画面の側から置いても、画面の縁に厚みがあり、直接液晶画面が接地しないようにする等、厳密な審査を通過した製品のみが、アップルの公式ライセンス製品として認可されます。今回は、公式ライセンス製品である事は大前提とし、アイツと差がつくiPhone7ケースをご紹介します。

2つの素材でデバイスを守るハイブリッドケース

現在トレンドとなりつつあるのが、2つの素材を活かしたハイブリッドケースです。多くのハイブリッドケースでは、シリコンのような柔軟性を持ちながらも硬質ゴムのような強度を持つTPUと、キズや汚れに強いポリカーボネートを使用しています。ポリカーボネートの堅牢性で衝撃を弾き返しながら、TPUのクッション性で吸収するという2重構造で、中のデバイスを守ります。ハイブリッドケースの中には、米軍調達規格のMIL規格を満たした耐衝撃性を持った製品もあり、安心安全が提供されます。また、ポリカーボネートは、TPUと比較して加工や印刷がしやすく、デザインにバリエーションや個性を発揮できる点でもあります。以上のように、多くのメリットを持ち、高級感のあるハイブリッドケースは、まさにアイツと差がつくiPhone7ケースです。

おしゃれにサイドフレームを守るアルミバンパー

iPhone7と限らず、スマートフォン全般で、サイドフレームやコーナーをぶつけて損傷してしまうのは、長くデバイスを使っていれば経験のある事です。とは言え、手に触れた感触の好みや、全てを覆ってしまう事による発熱や結露を懸念し、ケースを使いたくないというユーザーも少なからず存在しますが、それらを解決してくれるのがアルミバンパーです。デバイスのサイドフレームをバンパーで保護する事を徹底し、液晶画面と背面は剥き出しのままですから、熱が篭る心配もありません。バンパーの中程には湾曲した部分があり、これが手にフィットして持ちやすく、滑りづらい工夫がされています。元々のデバイスのデザインを活かしながら、サイドフレームにアルミの高級感が加わり、ちょっとおしゃれに、アイツと差がつくiPhone7ケースです。