オシャレさん必見なiPhone7ケース

おしゃれなiPhone7ケースをお探しの方はタイプを分けて探すと良いです。自分自身がどのようなタイプのケースを探すのかがわかれば短時間で探すことができます。ケースには手帳タイプ、バンパータイプ、バッテリー内蔵タイプ、シリコンゴムで本体を覆うタイプの4パターンがあります。それぞれに特徴がありますので自分が欲している最低限の機能を選択するのか、機能よりも見た目だけで純粋に選ぶのかを決めておくことです。ケースの相場は3000円から5000円位出せば相当な品揃えの中から選ぶことができます。1000円台ですと品揃えはありますがデザイン的な魅力を感じる商品はそれほど選択肢が少ない傾向です。純正のアクセサリーとなるとケースだけで10000円を超えるものも存在していますので、予算とタイプそれぞれ決めておく知識をお届けします。

手帳タイプとバンパータイプの特徴を解説

iPhone7ケースのおしゃれなケースの王道といえば手帳タイプになります。これはiPhone7をすべて覆い隠しますので、自由度の高いデザインでケースを制作することが出来るからです。値段も素材によってかなり上下します。本皮や高価な木材などを使用した本格的なケースも存在しています。ナチュラルなテイストが好みであれば一番に探すべきジャンルになります。機能面も電子マネー系カードを収納するスペースが設けられていますので、iPhone7でまだ非対応の電子マネーサービスもカバーすることができます。バンパータイプはミニマリスト的思想の方向けのケースとなります。必要最小限のiPhone7外枠周りを保護するものがバンパーケースのメインデザインとなっていますので、iPhone7背面のカラーやロゴを生かすためのケースになります。iPhone7に厚みをプラスすることがないので薄さを追求される方にもおすすめです。

バッテリー内蔵タイプとシリコンゴムで本体を覆うタイプを解説

iPhone7ケースではバッテリー内蔵タイプのケースは機能性を追求するタイプが多いのでデザインは二の次という流れがどうしてもありますがその中でも異彩を放つ商品は少なからず存在します。デザイン面で優れている商品は純正のバッテリー内蔵タイプケースが発売されていますのでどうしても本体の充電を伸ばしたいと考えている方は一見の価値があります。最後にシリコンゴムで本体を覆うタイプはデザインを重視したケースの中でも比較的安価な商品が多いタイプの商品群になります。シリコンゴムという原材料が多いので加工のしやすさ、材料の調達が低コストで出来ることに起因します。有名キャラクターとコラボしているタイプも発売されています。食品サンプルを取り付けたものやこんなデザイン見たこと無いという人と似たようなケースでは満足できない方はこのジャンルを探すとよいでしょう。