iPhone7ケース選びのポイント

iPhone7が発売され、イヤホンジャックがなくなるなど大きな変化を感じながらもうまく使いこなす人が多くなっています。こうした人たちが気をつけているのがケースであり、特にiPhone7ケースはいくつかのポイントを決めて選ぶ人が多いのが特徴です。それまでのケースは背面のカバーだけというものが主流でしたが、手帳のように開くタイプが多数派を占めるようになっています。また、背面のカメラレンズが出っ張っていることを考慮したiPhone7ケースも登場しているだけでなく、周囲のフレームを補強するもの、防水加工がしてあるものなど、様々な種類が登場しており、値段や使い勝手、デザインなど色々なファクターで購入するものを選ぶというのが最近のトレンドとなっています。

無色透明のケースが売れる理由とは

手帳タイプがヒットを飛ばす中で無色透明のケースも根強い人気を誇ります。背面のマーク、デザインを最大限に活用しているためとも言われています。手帳タイプでもわざわざそのマークが見えるようにしているものも登場するなど、背面のマークが見えるか見えないかをポイントにする人も多くいます。手帳タイプにする人の理由に一番多いのは画面を保護するためという理由です。無色透明のケースを選ぶ人もそのあたりが気になるところですが、最近はガラスフィルムで画面を保護する人が増えており、それでカバーするというパターンも有力です。iPhone7ケースにおしゃれを求める人はそうしたところで気を配り、落としても大丈夫なように様々な手を講じ、iPhoneユーザーとしてのプライドを示しています。

手帳タイプを選ぶ上でのポイント

現在、iPhone7ケースで一番売れているタイプが手帳タイプです。一見すれば小銭入れ、キーケースにも見え、財布とのトータルコーディネートをするサラリーマンや可愛らしく装飾する女子学生などその楽しみ方は際限なく広がっています。最近のトレンドとして、フタの部分にICカードやクレジットカードなどを入れられるようにするポケットがあるものが好まれています。そのケースを改札機などにタッチするような形となるため、場合によってはiPhoneなどに多少強い衝撃が来ることになります。そのあたりの配慮がなされたものが人気となっています。おしゃれにこだわるか、実用性か、それとは関係なく値段でこだわるか、選び方は人それぞれですが、画面が割れないよう大切に扱う気持ちを忘れないようにすることも大切です。